Shop data
nameJanus.(ジェイナスポイント)
addressp/c 656-0025 兵庫県洲本市本町5-4-13
openFri.-Mon. 11:00 am - 5:00 pm

2017年05月04日

構想から約一年を迎えて。

お久しぶりです!イベントにGWと続き、なかなかブログ更新が出来ていませんでした汗
今回は今の現状とjanus.のこれからについて。

雑貨を主体としたカフェを実現する。その話が上がり、動き出してから約一年が過ぎました。
本当にあっという間です笑 一年たってみると自分の中の計画なんかも少しずつ変わっていくもので、実現が近付くにつれてその変化は大きく動き出しているように感じます。

よくお客さんや知り合いに聞かれる実店舗についてですが、今のところ来年の春頃を予定しています。
雑貨ギャラリーを兼ねたコーヒースタンドをオープン予定。
都会に行くとおしゃれなコーヒースタンドは見かけますが、淡路島にはテイクアウト形式が主体のお店はあまりないので観光の方も地元の方も、このお店から一日をスタートしてくれたら…そんな夢を抱いています。

本格ドリンクを提供するコーヒースタンド イン 雑貨ギャラリー ぜひお楽しみに!IMG_1352.JPG


posted by yanus at 09:55| Comment(0) | 日記

2017年04月29日

kou-bou no [新商品]

IMG_2273.JPGIMG_2263.JPG
どうも、koubou-janusです。新公開商品の紹介です!
イベントで初公開した置き型ミラー。ネットショップでも販売予定です。

写真1 古いおもちゃの積み木を集めて作ったような雰囲気でデザインした置き型ミラー。
ひとつひとつ色の配列やくすみ、劣化のしかたに個性があるハンドメイド作品です。
すべて手作業で丸みをつけた木には大量生産品では表現できないぬくもりを感じ取れます。

価格 1900yen

写真2 洋風テイストなモール加工と「青空」を想わせるカラーセレクトがエレガントな置き型ミラーです。
ベースにはライトブルー。木材部にはケヤキ塗料を使用しバランス良くまとめました。
所々に経年劣化による剥がれや傷、くすみなど細部のヴィンテージ表現を再現しました。
下地のホワイトが顔をだしているのが空に浮かぶ雲のような印象を与えます。

価格 1800yen

本日フリマアプリ「minne」にて公開予定。

posted by yanus at 10:21| Comment(0) | 日記

2017年04月24日

「レトロこみち」イベントを終えて…

どうもjanus.店主です!
本格的に暖かくなってきて、外に出かけたくなりますね。
イベントのための商品の量産に追われてなかなかブログに手をつけられていない状態でしたがイベントも無事終了。
たくさんのお客さんや知り合いが雑貨を見に来てくれて幸せな二日間でした!
IMG_2112.JPG

レトロこみちのイベントにこれなかったって人も、ネットショップより近日発売予定なのでよければそちらからご購入ください。
加えて、今日はjanus.のことや物作りについてもっと深く知ってもらうための商品紹介をさせていただきます。

今回の商品はレトロこみちにも出品した「タイルコースター」
IMG_2113.JPG
ウォールナット ・ ケヤキ の二種のカラー。
少しシックなイメージのウォールナットはよりレトロ感の強いマットなタイルを。
さわやかなあたたかみのケヤキカラーにはツヤ感のあるブルータイルをはめ込みました。
どことなく和を想わせる多用途なデザインが魅力です。カフェなどには特におすすめ!
IMG_2085.JPG
制作はすべて手作業で行っています。角の丸みや木の加工に至るまで人の「手」にこだわったあたたかみある仕上がりに…
機械では表現できない細かな表現をお楽しみください。
posted by yanus at 14:12| Comment(0) | 日記

2017年04月14日

おいしいコーヒーの選び方

どうもkou-bou janus.店主です。

今日はイベントの作品作りと受注制作依頼の作品を制作中。
「自分のお店だけの看板を作ってほしい」「お気に入りのフィギュアを飾るディスプレイ棚を作って」などなど相談頂きうれしく思っています!
イメージはあるんだけどモノが見つからない、なんてことはありませんか?そんな時はどんな事でも一度ご相談ください。

IMG_2069.JPG

さて…本題ですが、今日は「おいしいコーヒー選び」について。
皆さんが普段何気なく飲んでいるコーヒーですが、細かく見ていけば品種・グレード・国・産地・農園…と多種多様です。
でも、正直なにがなんだかわからない人がほとんどではないでしょうか?
コーヒーの表記は基本的には生産国→地区や地名→グレード→農園 この順で表記されることが多いです。
豆選びの際はこの順に選んでいくことが多いです。

コーヒーを飲む人ならなじみのある「モカ」 これも実は地名なんです。
エチオピアのモカ港といわれる港からコーヒー豆を運んでいたことからの名残でエチオピア産の豆には「モカ」の名が使われる事が多い。
裏を返せば、「モカ」だけではそれだけの情報しか得られません。
エチオピアとひとえにまとめても、先ほど書いたように多種多様です。

そんなときに「豆選び」の基準になるのが「グレード」です。
これは生産国での基準になるので表記や基準も国によって異なります。
たとえば「エチオピア」なら「G1」 「G2」 「G3」などと表記され、欠点豆(悪い豆)の数で判断されます。
ちなみにG1が一番グレードの高い豆になります。
「ホンジュラス」の場合「HG」 「SHG」 グァテマラなら「SHB」 「HB」などと表記され、ホンジュラスは生産地の標高、グァテマラは豆の大きさが基準になります。

国によって基準は違いますが、その国の規定した基準の中で品質が高いのは確かです。
豆を選ぶ際すこし気にして表記を見てみると、おいしいコーヒーを自宅でも楽しむ近道になるかもしれません。

では、今日はこの辺で…
posted by yanus at 11:17| Comment(0) | コーヒー

2017年04月09日

イベント「レトロこみち」に向けて

いつも閲覧ありがとうございます。janus.店主です。
今日は朝からレトロこみち出展の準備。
元々手間のかかる完全ハンドメイド。量産となるとさらに大変な作業です。
17861821_1871048726504013_5254575353141643023_n.jpg
木を加工するところから始まります。
寸法を測り、モール加工、そしてカット。
すべて人の手でやるからこそひとつひとつの作品の個性が生まれる。そう考えています。
17800240_1871048743170678_2850565543663943602_n.jpg
細かな溝や細部まで丁寧に仕上げたら、組み立てて仕上げにかかります。
文字にすればこれだけの作業も数時間かけて手掛けていくことでjanus.の雑貨が形作られていきます。C7qf600U8AAOu_X.jpg
手前が今回レトロこみちに出品する作品の一つです。ここにミラーをいれたら完成。
ケヤキ塗料を使ったあたたかみと寒色塗料のバランスをとり仕上げ。
所々にはがれて顔をのぞかせている白とさわやかなライトブルーが「空」を想起させます。

イベントで見かけた際にはぜひのぞきに来てください。
ではでは今日はこのあたりで…
posted by yanus at 15:47| Comment(0) | 雑貨のこと

2017年04月07日

janus. new ビジュアル


IMG_2058.JPG
先日は一日撮影に奮闘していたjanus.店主です。
いい日差しも照ってくれてなかなかいい世界観で撮影できたかなと思います。
今回はライトでさわやかな世界観とダークでシックな雰囲気をメリハリをつけて演出しました。
ちなみに写真1はさわやかテイストです。

 

IMG_1972.JPG
こちら写真2はダークシックで。武骨で重厚な雰囲気をイメージしました。
今回、作品自体もグレードアップさせたので写真を撮りながら「にやり」としてました笑

 
IMG_1969.JPG

今回の写真の2作品はフラワーフレームです。
淡路島の名もなき花や香草を使ってスタイリッシュなインテリア雑貨に仕上げました。
テイストや世界観を二分化したのはjanus.のコンセプトと深くリンクしていて、janus.のひとつのコンセプトは「対照的なものの調和」
ヤヌス神と呼ばれる神様から取ってつけたjanus.という名前。ヤヌス神は入り口と出口をつかさどる神様。

白と黒、光と影そんな正反対のものが矛盾することなく調和する。そんな世界観を演出していいきたいと思っています。
posted by yanus at 11:40| Comment(0) | 日記

2017年04月04日

janus.no「ZAKKA」

ffa5.gif
janus.の作品や「モノづくり」にかける想いなどをもっと深く知ってもらうため、定期的に作品をピックアップして紹介していきます!
近年、DIYなどへの熱が急速化していますが、そんな人にも役立つ情報を合わせて発信していければと思ってます。

そして今回第一弾はjanus.が出来た当初からある古株「アメリカンフォトフレーム」を紹介します。
その前に僕(店主)についてのお話を少しだけ。僕は現在21歳で、以前は特殊塗装(エイジング)と呼ばれる技術を使う仕事を数年間やっていました。僕が16の頃ですね。
そこでは美容室さんや服屋さん、カフェなどなどおしゃれに目を光らせた店舗の施工に携わってきたんですが、当時「エイジング」なんてほとんどの人が知らなかったし、この年でやっているのは僕くらいだといわれてました。
なので技術に関してもしっている人は広めたがらなかったんです。

すこし時間が流れて最近では「エイジング」も認知され始めて、一般の方でもできたり楽しめるものになりつつあります。
いまこの記事を読んでいる人にもこの仕事のおもしろさを伝えていければ幸いです。

…と、また長くなってしまった笑 商品紹介ですね!!
「アメリカンフォトフレーム」のストーリーから。janus.の商品にはそれぞれストーリーや想いがあって、それを楽しみのひとつにしてもらいたい。
この作品は名前の通りアメリカの片田舎で大切にされてきた思い入れ深い雑貨をイメージしました。
思い入れ深いって表現を使ったのにはわけがあって、これ重ね塗りされてるんですよ。
大切なものだからこそ古くなってもきれいに塗り替えて長く大切に使われてきた(なんか家みたいですね)そんな人柄や温かさのうかがえる仕上がりにしたかったんです。

塗料や仕上げ方ですが、このフレームで4種ほどの塗料を使ってますが、まあそんななくても大丈夫です!
青・赤があればちかいのできます。ちょっと特殊なのは「クラック」って呼ばれるものを間につかいます。
下地を出すためですが、ひび割れをあえて起こす塗料です。下地(赤)を塗ってからクラック塗料を塗って、乾いたら上塗り。これだけの簡単な工程で結構近いものができますよ!

よかったらおうちで試してみてくださいね!

posted by yanus at 10:08| Comment(0) | 日記

2017年03月30日

janus.「あたらしいこと」

ずっとやりたいとは思いつつ実施出来ていなかった受注制作っていう選択だけど、今回思い切って実行に移すことに…。
お店の看板を今までにないようなデザインで…とか、部屋の家具の色だけを変えたい…とか、なんでもご相談ください! 「あってほしい」がjanus.で「みつけた」「叶った」に変わってほしい。
17499324_1863966860545533_9149062378626785383_n.jpg
本日スタート予定です。相談だけでも大歓迎なのでこの機会にお部屋・お店をブラッシュアップしませんか?
お待ちしています!
posted by yanus at 11:10| Comment(0) | プロジェクト

2017年03月29日

カラミーショップ大賞への投票のお願い!

当店ではオンラインショップをしております。


カラミーという独自サイトで、以下のようなカラミーショップ大賞の投票を4/5まで募集しています。

是非ふるってご投票ください!!


posted by yanus at 13:42| Comment(0) | 雑貨のこと

2017年03月27日

janus. no コーヒーとカフェ

dhs4.gif
「雑貨屋さんなのにコーヒーの記事が多いな…」そんな感じで記事を読んでいる方もいるのではと思います笑
実店舗はまだありませんが、janus.は雑貨を主体としたカフェだ。そんな風に考えています。
じゃあカフェってなんだろう…って話なんですが、実ははっきりとした定義付けはないんですよ。

カフェといえばコーヒーってひともいれば、人が集まり交流する場だととらえる人もいます。
「嗜好飲料を飲み、会話を交わしたり、密会して悪だくみをする」そんな場だというとらえ方もあるみたいで、そういう意味では「カフェ」の歴史はすごく古い。

僕なんかは「カフェ」って「人」なんじゃないかと思っていて、その人の個性や性格の集大成をお店で体現する。それに魅了された人たちが集まってそれぞれがその個性を楽しむ。そんな場所かなって思います。
話が脱線しましたが、コーヒーについてですね。
janus.での実店舗実現に向けてコーヒーについては日々研究中なんですが、今まで約一年近くコーヒーの勉強を本格化してみておもったのは「果てしなくて終わりがない」ってことです(もちろんいい意味で)
一年と書きましたがコーヒー自体の興味や熱は4年前くらいからあったけど、知識がなかった僕はよくわからないところに注力しいたのを覚えてます。
ドリップの際にラップをかぶせて保温してみたりとか…笑
コーヒーってどんなものなのか、それが自分の中で固まってなかったんだと思います。

こだわっている料理人さんとかは仕入れ前に農園までいって直接作り手と話して使う野菜を決めたりするんですが、実はコーヒーも同じでこだわりの強い人は農園をたどって人の話をきいて「選択」をしています。
そんな人たちってコーヒーへの情熱はもちろん、コーヒーを「知っている」から出来るんではないかと思います。
コーヒーは「農作物」です。最初は果実に包まれていてコーヒーチェリーと呼ばれますが、そこから精製され中の種子がコーヒーの生豆となります。
スーパーの野菜とかってたまに生産者の農園や名前、さらに写真まで載っていたりするけど、もし「国産」としか書いていなければ情報はそこまでですよね。
同じ国産でも土地や生産者が違えば味も多種多様です。コーヒーもそれと同じで「エチオピア」「タンザニア」「ブラジル」と国だけをみてもたくさんあるけど、その中にもこだわっている農家さんやそうでない方がいます。
こんな風にコーヒーって素材に目を向けても面白い。
いろんな「人」によって手をかけ育てられ選定され僕たち消費者たちの手に渡るコーヒーですが、焙煎や仕上げの過程においてもその人やその人の係わった、かかわってきた大切な「素材」に敬意をはらっていたいと考えてます。
そして自分も焙煎を通してそんな「ものづくり」の一員になれたら素敵ですよね。

カフェとかでも、農園さんの名前がわかるコーヒーを出すお店はあるので、よかったらそんなところも気にしてみてみると楽しみの幅が広がるかもしれません。


posted by yanus at 10:50| Comment(0) | コーヒー