Shop data
nameJanus.(ジェイナスポイント)
addressp/c 656-0025 兵庫県洲本市本町5-4-13
openFri.-Mon. 11:00 am - 5:00 pm

2017年02月25日

kou_bou no nameplate


IMG_1545.JPG

毎週土曜日は「ふくカフェギャラリー」の日。と、いうことで何とか第二回に向けて制作中だったjanus.の案内看板が完成!
なかなかの仕上がりでお客様にみてもらうのが楽しみになってます。
今回は木材にシックなアンティーク加工を施し、シャビーかつ重厚な雰囲気の金属板を貼りつけ、kou_bou janus.の文字をステンシル塗装。見た目以上に大変でした…笑 なにより楽しかったので問題なしですけどね!
IMG_1540.JPG
引きの写真も…どこか退廃的な雰囲気を感じさせます。後ろから突き破って植物が生えてきたような見せ方でドライフラワーをプラス。
janus.のコンセプト、「対照的なものの同居」をあらわしてみました。

話は変わって、昨日ついにjanus.のショップカードも完成したということで取りに行ってきました!
こちらもビジュアル公開しときます。
16830668_1848014462140773_676470525249683102_n.jpg
以前撮影しておいた電球をモチーフにショップカードをデザインしました。
見る人によって違うものを想起させるようです笑 僕は、月っぽいなとおもってます。
名刺も兼ねてるんでこれから使いまくっていきまーす。では、きょうはこの辺で…

posted by yanus at 15:39| Comment(0) | 日記

2017年02月23日

3度目の撮影

16649562_1846290995646453_5005157304098377941_n.jpg

どうも、janus.店主です。だんだん暖かくなってきて、春が待ち遠しいですね!
そしてさっそく本題ですが、この間は雨に降られながらも撮影をしてきました。僕の撮影の日はだいたい雨か曇りなんですよねえ…
天に嫌われたんでしょうか笑 

それにしても、カメラって難しいです。
元々写真をあまり撮らない僕。実は自分の店をきっかけに初めて一眼レフを使いました。
最初は何が何だか…って感じでしたが、最近は少しカメラに馴れてきて写真を自発的に撮ることが増えてきました。

作品の写真も、撮ってはまた撮り直しての繰り返しで、どんどんブラッシュアップさせていってます。
自分の中の作品に向ける想いとか、世界観をひとつひとつ表現していけたらなと思って勉強中です。

補足ですが、以前仕入れたエチオピアのコーヒー豆を焙煎したので、また次回は感想など載せていこうと思います!

では、今日はこの辺で…

posted by yanus at 10:54| Comment(0) | 日記

2017年02月18日

淡路島の人気古民家カフェで展示ギャラリー

16807361_1845153762426843_8597330891839374245_n.jpg
今日からふくカフェさんでのギャラリースタートしました!
最初に来てくださったお客様は最近淡路島に移住されたようで、「ギャラリーを見に…」と足を運んで頂きました。
本当にうれしく思っていますぴかぴか(新しい)
今後も応援していただけますと幸いです!
毎週土曜は「ふくカフェギャラリー」の日です。よろしくお願いいたします!
16807060_1845153779093508_7058762874608665436_n.jpg
基本的に土曜日であれば店主がギャラリー内にいますが、留守だったり誰もいないときはふくカフェスタッフさんにお声かけください。
ぜひふくカフェさんに足を運ばれた際にはjanus.をよろしくお願いします。
posted by yanus at 15:43| Comment(0) | 日記

2017年02月16日

コーヒーの賢い選び方 〜コーヒー提供までの道〜

こんにちは、janus.店主です。
以前焙煎した「ホンジュラスSHG」を飲んでみました!
半熱風の手焙煎なので、完全熱風式焙煎機には「個性として」は劣りましたがハイグレード豆ともありおいしいコーヒーに仕上がりました。
ホンジュラスは中米に位置する国で、国の近いグァテマラなども味の特徴が似ています。
このホンジュラスの特徴は苦み、コク、そして深めに焙煎した際のチョコレートをおもわせる甘みある香りです。

dhs4.gif

前述の通りコーヒーの味の決め手は、ドリップ方法や挽き方ももちろん大切ですが何といっても「焙煎にある」と思っています。
いくら他の部分が良くても、焙煎(素材)の品質が良くなければおいしいコーヒーに辿り着くのは難しい。
先ほど出てきた焙煎機の「熱風式」「半熱風」。あまり聞きなれない言葉ですよね?
コーヒー選びに迷っている方、また今よりおいしいコーヒーを求めている方の参考として今日は焙煎機を目安としたおいしいコーヒー選びについてお話します。

まずはじめにコーヒーの焙煎の一般的にお店やコーヒーハウスなどが使用している焙煎機の種類についてですが、大きく分けて三つに分かれます。それが「直火式(チョッカ式またはジカビ式)」「半熱風式」「熱風式」です。
簡単に説明すると、コーヒーに熱を加える熱源の位置と方法によって分かれ、「直火式」は熱源が真下にあり、コーヒー豆を投入するドラムに穴が空いています。なので火は直接豆にあたります。多くの喫茶店やコーヒーハウスなどはこの直火式の使用が多いです。
この焙煎機のメリットはその芳ばしさです。深煎りに強い焙煎機。
デメリットは個性やポテンシャルを引き出しにくく、外から焼けるため豆に雑味が生まれやすいことです。

続いて「半熱風式」ですが、こちらは熱源の位置は大抵変わらずドラムが密閉型なのがその特徴です。直接火は起こらないので豆と熱の化学反応がうまく起こり、個性やポテンシャルは引き出しやすく芳ばしさも少しあるバランスのとれた焙煎機。
メリットはそのバランスの良さ。デメリットは輪切りにして特性をみれば、そのほかの両者の焙煎機には劣るところではないでしょうか。

最後に「熱風式」この焙煎機は他とは違い熱源が遠くにあり、ドラムにも火が直接当たらず内部の空気を暖めることで熱を伝導させます。
この焙煎機のメリットは豆のポテンシャルと個性を最大限に生かせることです。豆にあるベリー系の酸味、柑橘系の酸味、チョコレートのような香り、などよく聞く豆の説明がありますがそんな個性をしっかりと感じる事が出来るのがメリットです。
熱風式にデメリットというデメリットはないのですが、あえてあげるなら芳ばしさは当然ながら直火に劣ります。
豆本来の味を楽しむならぜひ「熱風式」を。

いかかでしたか?皆さんのコーヒー選びの参考になればと思います。
皆さんが日々ほっとするような一杯にたどりつけるサポートや助けになれれば幸いです。
posted by yanus at 11:41| Comment(0) | 日記

2017年02月13日

janus. no project

janus. no project [文化の幸] 無価値な進行中ゴミ×つくること

どうも、janus.店主です。
今回はのプロジェクト「文化の幸」のリメイク品第二弾の紹介をします。
今回の作品は写真撮影用インテリアプレートです。
廃品工場で出会いすぐに交渉し頂いてきました。
元々は銅板のような色をしていましたが、思い切って加工
16683971_1841669366108616_9077486858501528056_n.jpg
仕上がりはこんな雰囲気になりました。
ネット販売やSNSが加速していく中「おしゃれな雰囲気の写真を撮りたい。雰囲気の演出をしてくれるインテリア雑貨がほしい」そう思っている人は多いんじゃないでしょうか。
そんな方に使って頂ければと思ってます。
実はこちらリバーシブルです!
16683959_1841669326108620_1957920858629663149_n.jpg

白基調な面はナチュラルなインテリアテイストに、青基調の面は主張はありつつ高級感と落ち着きるあ仕上がりに。
少し色で主張を出したいとき、写真に物足りなさを感じた時にはこちらをお使いください。
近日販売予定です。
posted by yanus at 10:27| Comment(0) | 雑貨のこと

2017年02月11日

janus.文化の幸プロジェクト

16602990_1841669489441937_7271540194885821730_n.jpg

今日はjanus.のプロジェクト第一弾について紹介します。
以前記事に書かせて頂いた「文化の幸」人がどこかでそれぞれに価値を決め、捨てられたものをもう一度よみがえらせ、janus.の視点で価値を生み誰かに大切に使っていただけるものを制作することを理念にしています。
これまでここ淡路島を回り、たくさんの「宝物の卵」をみてきましたが、今回リメイクまで踏み込み
第一弾が完成しました。画像にあるのがプロジェクト第一弾「リメイクミシン台」です。
もともとの外装はすべて木材がむき出しのテイストでしたが、janus.の手で「アメリカンポップ」なミシン台に生まれ変わりました。
ミシンをはずしてテーブルにするのも、そのままカフェなどのインテリアにも…

16640822_1841669572775262_1487916341905334050_n.jpg
引き出し部分はライトブルーとイエローを両側でわけて遊び心をくすぐられる仕様に。
天板部分と正面のメイン引き出しはアイボリーで落ち着きはありながらも可愛らしいテイストに仕上げ、
全体的にシャビーな雰囲気ですが、ポップカラーで汚れ感を程よく抑えました。

16649493_1841669622775257_1166518476268220773_n.jpg

janus.のロゴを入れまとまりをだしています。
今人気が上がり、昔のミシン台などが注目を集め始めていますが、janas.ではどこに行っても手に入らない一点ものを扱っています。

※現在リメイク品の販売状況が整っていないため、販売は三月〜四月を予定しております。申し訳ございませんが販売開始までしばらくお待ちください。



posted by yanus at 14:30| Comment(0) | お店のこと

2017年02月10日

janus. no 試作

16681962_1841225176153035_3684826077057447886_n.jpg

こんにちは、janus.店主です。
今日は一段と風が強いですね…軽く飛ばされそうになりました笑
皆さんもお気を付けください。

ところで、今日は試作品をほぼ完成までもっていきました!
なかなかいい仕上がりで満足してます。今回制作したのはアクセサリーホルダーです
アクセサリーを持っている女性の方なら家にひとつはほしいですよね。
と、いうことで少しオトナアンティークで落ち着きある仕上がりにしました。

全体的にシャビーな雰囲気にはなってますが、オフホワイトで落ち着きを、真鍮パイプと真鍮の五寸釘をプラスして落ち着いたオトナなテイストにまとめました。
アメリカにあるような家具をイメージし、どこかかわいらしさも感じる形になっていますぴかぴか(新しい)
ネックレスはもちろん、下の部分には指輪もかけれる仕様になってます。
「収納しながら見て楽しむ」贅沢を提供できればと思っています。

では今日はこのへんで…
posted by yanus at 15:59| Comment(0) | 雑貨のこと

2017年02月09日

kou-bou no 新商品

16473958_1838909526384600_4097571637819316286_n.jpg

今日は淡路島は生憎の雨ですね(汗
外に出られる際はお気を付けください。雨の日は塗料やモルタルなどの乾きがとても悪くなるので、この仕事としてはあまりよろしくない天気ですバッド(下向き矢印)
そんな中今日は負けずに新商品の試作中です!
写真の通り、小さなプランターを用意しました。
木工、モルタルの流し込み、整形コーティングまですべて手作業です。(思った以上に時間と手間がかかりました笑)

今回は無骨な雰囲気や打ちっぱなしのようなすこしひんやりした雰囲気で作りましたが、モルタルのみだとどうしても無骨すぎるし、面白くないので木工で装飾を作ってあたたかい雰囲気をプラスしました。
だいたいどんな植物でも失敗はしませんが、多肉植物との相性が特にいいのでおすすめです!
16508293_1838909539717932_86926614943813615_n.jpg
近日商品化予定、カラーバリエーションも何種か制作予定ですのでそちらの情報も追って投稿します。
posted by yanus at 09:59| Comment(0) | 雑貨のこと

2017年02月06日

Cafeに向けてのコーヒー


おはようございます!janus.店主です。
今日は淡路島は結構な強風ですたらーっ(汗)
転ばないよう皆さんお気をつけてください…

話は変わりますが、注文してしばらく待っていた「コーヒー生豆」が届きました!
Cafeも今年オープン予定ということでコーヒーにも本腰入れて行きます。
ゆくゆく設備が整ったらネットでの豆販売もしていきたいと思ってます!
せっかくなので仕入れた豆の説明をしときたいと思います。ちなみに今回仕入れたのは、「ホンジュラスSHG」と「エチオピア モカ シダモG2」です。
16507824_1838863953055824_4938552919941844219_n.jpg

ホンジュラスは中米に位置する国で、味の特徴としては酸味はあまり無く、苦味と深いコクが特徴的なコーヒー豆です。
国が近いグァテマラなどもコーヒーらしい味がホンジュラスと近い物があります。
「SHG」について、知っている方もいるかもですが…これは豆のグレードを意味しています。
読みは「ストリクトリー ハイ グロウン」 グロウンは高さという意味ですので、栽培地の標高でグレードが決まります。

続いて「エチオピア モカ シダモ G2」についてですが、味の特徴はさわやかな酸味とフルーティな風味です。チーズケーキと合わせて飲むと本当においしいコーヒーです。
エチオピアって実はコーヒー消費国としては世界最古といわれてます!
モカって言葉は聞いたことのある人がたくさんいると思いますが、これはエチオピアのシダモ地区にある「モカ港」という名前の港からきています。
今はここから豆の出荷は残念ながら行われていませんが、名残として名前は今も引き継がれています。

そして…今回仕入れた豆は「生豆」です。当然このままは飲めないので焙煎をします。
個人的にはホンジュラスはコーヒーらしさを生かしたいので少し深入りに…エチオピアはその酸味とフルーティな酸味のポテンシャルを引き出すために浅い煎りに仕上げようと思ってまするんるん
また焙煎する時には内容を投稿しますので、ぜひよろしければ覗いてください!
posted by yanus at 10:24| Comment(0) | お店のこと

2017年02月05日

ご購入は右側から

現在、Janus.では、ネットショップを中心に販売を展開しています。

右側のlink欄にある
minne
creema
amazon
以上の3サイトにてご購入頂けます。

また、GELATO;PICCOLOTTO(洲本市本町にあるジェラート店)の一画に商品展示しています。
ご購入もできますので、淡路島にご旅行の際は一度お寄りください。


posted by yanus at 15:59| Comment(0) | お店のこと