Shop data
nameJanus.(ジェイナスポイント)
addressp/c 656-0025 兵庫県洲本市本町5-4-13
openFri.-Mon. 11:00 am - 5:00 pm

2017年07月22日

実店舗に向けてのメニュー開発

こんにちは、kou-bou janus.店主の堂村です!

前投稿で少しふれたドリンクの試作ですが、トマトの試作はほぼ完成。近日ピッコロットにて出品予定です。
そして今日もさっそく違う商品の試作にも取り掛かろうと思います。
次はスイーツ路線で、コーヒーを使ったアレンジを考え中…
IMG_2268.JPG
トマトも、まだ写真の撮影が出来てないんですが、固まったらこちらでも紹介していきます。
お楽しみに!では今日はこの辺りで…
posted by yanus at 09:31| Comment(0) | 日記

2017年07月21日

kou-bou この頃の…

どうも、お久しぶりです。kou-bou janus.店主です。
本格的な暑さが続いて体もぐったりとしてきそうですが、先日は農園の収穫の手伝いに行ってきました!
なんせ暑くて溶けてしまいそうになってたんですけど、改めて思ったのは「植物や野菜にふれること」での発見や
心の安定感ってすごいなと感じました。雑貨や職人などの今までの仕事のなかでは、なかなか生き物に触れながら…というのはなかったことなので新鮮さを覚えます。

先日採ってきたのは「ししとう」と「トマト」です。
トマトも三種の品種を育てていて、それぞれが味の特徴や個性が違っていておもしろい。
今後はトマトを使ったアレンジドリンクも検討しているので、ただいま試作中…
完成したらピッコロットで出品予定なのでぜひ遊びに来てください〜
以後お楽しみに!
posted by yanus at 09:28| Comment(0) | 日記

2017年07月08日

家庭でコーヒーを挽く〜ミルの選び方〜

こんにちは、kou-bou janus.店主の堂村です!
今日は自宅でコーヒーをもっと楽しみたい。そんな方にコーヒーミル選びの基準を記事にしていきたいと思います。

まずはじめにコーヒーミルですが、ほとんどの方がご存知かとおもいますが「コーヒーを粉砕する器具、または機械」を指します。
このミルの主な目的は表面積を大きくすることで、ドリップの際の成分の抽出を促すことです。

このミルにも色々な粉砕方法と種類があり、一般に使われる手挽きミルや家庭用のものは臼型(手挽き)とカット型またはブレードグラインダー(電動)加えてフラットカッター(業務用兼家庭用ミル)に分かれますが。
その他にも、あまり家庭では使用しませんが、ロールグラインダー構造、コニカルカッター構造などがあります。
軽くあげてもこれだけ多くの種類があるコーヒーミル。では、どうやって選べばいいのか、今回は一般市場に多く流通しているものの中からそのえらびかたを紹介していきます。

まず王道の手挽きミルから。手挽きのメリットは熱の発生が少ないことにあります。熱はコーヒーにとって大敵です(詳細は前記事、コーヒーの保存で紹介)。そういう点ではコーヒーの風味を失わずに楽しめるのが一つのメリットです。
あとはやっぱり時間と手間をかけますからそれだけ愛着と潜入感でおいしく感じられるっていうのも魅力です笑
しかしただの手間としてしまえばこれはデメリットにもなりえます。たとえば家族みんなでコーヒーを楽しむ。お客さんが来たときにごちそうしよう。と言った時には不便ですね。
なのでどのくらいの量と頻度で使用するか、しっかり見定めましょう。(参考価格2500~5500くらい)

次に電動ミル(ブレードグラインダー)です。これはミルを探していたら必ずと言っていいほど目にしますが、内部が二枚のカッターのような歯で構成されているものです。
このミルのメリットは利便性と手軽さ、コスト的な部分が大きいです。大量に挽いても疲れる事はないし、回転速度が速いので出来上がりも数秒で済みます。
デメリットはいくつかあります。まずは前記した通り、高速回転なのでそれの熱により風味が飛びやすいです。
あと、微粉などが混入しやすいという不安定さもあるので、クオリティを重視する方にはおすすめしません。(参考価格1200〜2000)

最後は家庭用兼業務用のフラットカッターです。小型のフジローヤルなどがこれにあたりますが、基本的には熱の発生もブレードよりはるかにしにくく、手間もかからないので一番実用性とクオリティには長けています。
ひとつデメリットをあげるなら、値段が高いってところです笑
15000から30000くらいは見ておいた方がいいかなと思います。

参考になりましたか?今後コーヒーに魅了される方々がもっともっと増えてくれたら嬉しいです!
では今日はこの辺りで…


posted by yanus at 10:07| Comment(0) | コーヒー

2017年07月07日

janus.実店舗オープンについての構想と今後

こんにちは、kou-bou janus.店主です!
ここ最近は天気が沈みがちですね、梅雨がおくれてやってきたのかな…
皆さん体長など崩さないようお気をつけください。
dhs4.gif
さっそくですが、話題に移ります。
以前から計画中のjanus.実店舗について、たまに聞かれるので現段階の現状とこれからについて触れていきます。
まずはじめに実店舗のオープン予定ですが、今のところ来年の春ごろを予定しています。
元々内装業や外装業に携わっていたので、お店もできるだけ自分で作っていきます!(予定より前後する可能性があります)

ちなみにお店の雰囲気やコンセプトですが、「一日の始まり」をテーマにしたコーヒースタンドを計画中。
観光に行かれる方、島民の方などが一日のはじまりにいいスタートを切って気持ちよく淡路島で過ごすサポートができたらと思います。
コーヒースタンンドとは言ってもドリンク全般にはなると思いますが、ここに来るだけでわくわくする、そんなお店にしていきたいです。

今日はこの辺で、また今後新店舗の記事はあげていくので要チェックです!
posted by yanus at 09:49| Comment(0) | 日記

2017年07月01日

コーヒーの保存について

どうも、kou-bou janus.店主です。
少しお久しぶりの投稿ですが、今日はコーヒー豆の保存についての投稿です。

一般的にはコーヒー豆の経時変化はコーヒーを焙煎直後から、次第に起こっていきます。
厳密には生豆の状態でも保存により劣化することもありますが、焙煎時に発生した炭酸ガスや香気成分の放出、含まれている諸成分の化学変化も避けることはできません。

主な要因として、水分、酸素、光、温度、豆の状態(焙煎など)が挙げられます。
一番大きな要因としてとられるのが水分です。水分に触れないようにするのは徹底しましょう。
先に述べた酸素ですが、これは家庭レベルではあまり気にしなくていいと僕は考えています。
理由としては、通常空気中の酸素は20パーセントほど、これを0%から5%まで抑えればコーヒーの劣化は10倍変わり、5%以上では大差ないといわれています。

たまに必要以上にジップロックの空気を抜ききろうとする方がいますが、理論上はガス置き換え装置や脱酸素剤、特殊パルプの使用が不可欠ですが当然家庭では難しいです。
IMG_2268.JPG
家庭において重要視すべきは、水分(湿度を含)、温度、光(主に紫外線)です。
これを踏まえて保存を考えましょう。
冷凍庫や冷蔵庫に入れるのも理論としては問題ないですが、徹底して霜や水分が付着するのを防ぐ必要があります。冷蔵庫内の異臭にも気をつけなければいけません。
冷蔵庫や冷凍庫から出した後、温度を常温に戻らないうちに開封すると、吸湿濃度が高くなってしまう可能性がありますので注意が必要です。
温度が10度上がると、変化速度は二倍変わるといわれているので、なるべく涼しい場所を保存に選びましょう。

酸素に関しては、ジップロックなどに保存する事をお勧めします。
最後に、キャ二スターなどでの保存についてですが、インテリアとして飾るのなら問題ありませんが、飲用であれば遮光式のものがいいいです。
透明なものでは紫外線を通して劣化が進行してしまいます。
紫外線も豆に影響を与える要因のひとつなので頭の片隅に入れておくといいと思います。

長期保存を想定して今回記事を書いてみましたが、おいしいうちに早く飲んでしまうのがベストかな、とは思っているので参考までに読んでみてください。
家庭でもおいしいコーヒーを楽しむ方が少しでも増えてくれたら幸いです。
posted by yanus at 10:40| Comment(0) | 日記

2017年06月23日

新商品発売・ギャラリー日程のお詫び

お久しぶりです。kou-bou janus.店主の堂村です!
ここ数日バタバタとしておりブログ投稿が手つかずになっておりました(汗
読んでくださっている方に詫び申し上げます…

そして、18日以降と予定していたふくカフェギャラリーですが、しばらくの間は再開を見合わせることとなりました。
夏の間はさらに商品・展示など力を入れ、グレードアップして再開したいと思ってますのでどうぞ今後もよろしくお願い致します。

「新商品発売」
題名にもあります新商品。ここ一カ月ほど、デザイン・試作を重ね練りに練った試作がついにひと段落ついて
いくつかの作品が生まれましたので本日発売予定のものを公開します!

今日発売予定なのが…こちらの【インテリアフレーム】です。
IMG_2654.JPGIMG_3066.JPG
オーソドックスなウッドスタイルを、本格的なアンティーク加工で新鮮な印象に仕上げました。
「ありそうだけどなかった」「ほしかった」を実現するjanus.のコンセプトから生まれた【デザインフレーム】です。
※作品には、中の絵も含まれます。こちらもjanus.がデザインし制作しております。

(写真1左)生木が時間が経つにつれ経年劣化が進み、味わい深いくすみと日焼けを生み「ライトだけど味がある」テイストに。
中のビジュアルは夏っぽさと海を感じさせるサーフテイストに。欧米の看板をイメージして制作しました。細部のディティールにまでこだわりぬいた一品です。
IMG_3085.JPGIMG_3096.JPG
中のデザインは数種類からお好みのものを選べるようにしました。あなた好みのテイストがきっと見つかります!
IMG_3103.JPGIMG_3102.JPG

(写真2右)深いウォールナットカラーと、適度なツヤ感で重厚感や高級感ある仕上がりに。
男性好みなインテリアにはぴったりのテイストです。シックな雰囲気が好きな女性にもおすすめです。
高級木材を使用したような本格アンティークがお手頃価格でお楽しみいただけます。
IMG_3066.JPGIMG_3080.JPG
男性も女性も、年齢問わず幅広くアンティークの風合いを身近に感じていただければうれしいです。
IMG_3105.JPG


この他にも色々なテイストのビジュアルをご用意してますので、本日の発売をお楽しみに!!

posted by yanus at 10:22| Comment(0) | 雑貨のこと

2017年06月15日

kou-bou 新作と一部

こんにちは、janus.店主です。
題名にもある通り今も試作中なわけですが…ひとつひとつ完成し、これから撮影できるぞってものも増えてきました。
と、いうことで今日はその一つを公開していこうかなと思います。

今回紹介するのはこちらの「壁掛けインテリアフレーム」 
IMG_2483.JPG
ありそうでない「ヴィンテージ感はあってアメリカンだけどどこか英国家具のような高級木材も彷彿させる」デザインに仕上げました。
細かなディティールや質感にこだわりぬいた複雑な仕上げと、シンプルな木材加工でバランス良くまとめました。
IMG_2486.JPG
中のビジュアルには農産物を採用し、今回は「レンコン」を使ってビジュアルを作りました。
シリーズ化して色々なデザインを作っていく予定なので、あなたの一枚がきっと見つかるはずです!
ちなみに筆記体の文字ですが、レンコンの説明が書かれています笑

では、発売をお楽しみに。
posted by yanus at 10:06| Comment(0) | 雑貨のこと

2017年06月09日

janus.商品紹介

【 janus.商品紹介】

こんにちは、janus.店主です。だんだんと朝から日差しも強くなり、夏らしい暑さになってきてますね!
熱中症などには十分お気を付けください。
IMG_2317.JPG
そして今日は、またまた商品のご紹介を。
今回取り上げるのはこちらのアンティークミラー。おしゃれな雑貨屋さんやカフェにさりげなく置かれているような、落ち着きのある女性好みのテイストに仕上げました。
どことなく小粋なフレンチスタイルを想わせるカラーに、ジャンク感のあるクラック(ひび割れ)加工で退廃的だけど遅れていない…
そんなデザインイメージです。シャビーシックのインテリアなどにピッタリなテイスト。

【ストーリー】
フレンチスタイルの本場フランス。その少し外れのアパートに昔から飾られていたミラー。
貴族の家具のような複雑さはないけど、どこかフレンチの上品さを感じさせる…

IMG_2279.JPG

janus.では、他では手にできないフェイクであるからこその価格とクオリティを追求します。
posted by yanus at 10:13| Comment(0) | 雑貨のこと

2017年06月04日

※ふくカフェギャラリー変更のお知らせ

janus.店主です。
フクかふぇギャラリーが六月四日からスタートの予定でしたが、予定が合わず18日からのスタートに変更させて頂きます。
見に来てくださっていたお客様もいたようで、大変申し訳ないのですが今しばらくお待ちください。今後もkou-bou janus.をよろしくお願い致します。
IMG_1352.JPG
posted by yanus at 09:47| Comment(0) | 日記

2017年06月02日

kou-bou no pick up

【  janus.作品紹介  】

どうも、janus.店主です。
今日はjanus.の作品紹介をしていこうと思います!
今回は「グレーシック フラワーフレーム」です。
IMG_1973.JPG
ヨーロッパやフランスにあるような英国家具をイメージして制作。
「思い入れのある高級家具を手放しきれなかった持ち主が、一部だけでもと部材を再利用して制作した」
そんなストーリーを添えて…
高級感はあるけど、どこか退廃的な印象を表現した一品です。
ボディには複雑なモール加工を採用し、香草や小さなドライフラワーを規則的に並べました。IMG_2058.JPG
ライトな雰囲気にも、ダークでミステリアスな雰囲気にもスッと馴染むシンプルスタイリッシュなアンティークフェイクです。

価格 2500yen

posted by yanus at 10:30| Comment(0) | 雑貨のこと