Shop data
nameJanus.(ジェイナスポイント)
addressp/c 656-0025 兵庫県洲本市本町5-4-13
openFri.-Mon. 11:00 am - 5:00 pm

2017年06月23日

新商品発売・ギャラリー日程のお詫び

お久しぶりです。kou-bou janus.店主の堂村です!
ここ数日バタバタとしておりブログ投稿が手つかずになっておりました(汗
読んでくださっている方に詫び申し上げます…

そして、18日以降と予定していたふくカフェギャラリーですが、しばらくの間は再開を見合わせることとなりました。
夏の間はさらに商品・展示など力を入れ、グレードアップして再開したいと思ってますのでどうぞ今後もよろしくお願い致します。

「新商品発売」
題名にもあります新商品。ここ一カ月ほど、デザイン・試作を重ね練りに練った試作がついにひと段落ついて
いくつかの作品が生まれましたので本日発売予定のものを公開します!

今日発売予定なのが…こちらの【インテリアフレーム】です。
IMG_2654.JPGIMG_3066.JPG
オーソドックスなウッドスタイルを、本格的なアンティーク加工で新鮮な印象に仕上げました。
「ありそうだけどなかった」「ほしかった」を実現するjanus.のコンセプトから生まれた【デザインフレーム】です。
※作品には、中の絵も含まれます。こちらもjanus.がデザインし制作しております。

(写真1左)生木が時間が経つにつれ経年劣化が進み、味わい深いくすみと日焼けを生み「ライトだけど味がある」テイストに。
中のビジュアルは夏っぽさと海を感じさせるサーフテイストに。欧米の看板をイメージして制作しました。細部のディティールにまでこだわりぬいた一品です。
IMG_3085.JPGIMG_3096.JPG
中のデザインは数種類からお好みのものを選べるようにしました。あなた好みのテイストがきっと見つかります!
IMG_3103.JPGIMG_3102.JPG

(写真2右)深いウォールナットカラーと、適度なツヤ感で重厚感や高級感ある仕上がりに。
男性好みなインテリアにはぴったりのテイストです。シックな雰囲気が好きな女性にもおすすめです。
高級木材を使用したような本格アンティークがお手頃価格でお楽しみいただけます。
IMG_3066.JPGIMG_3080.JPG
男性も女性も、年齢問わず幅広くアンティークの風合いを身近に感じていただければうれしいです。
IMG_3105.JPG


この他にも色々なテイストのビジュアルをご用意してますので、本日の発売をお楽しみに!!

posted by yanus at 10:22| Comment(0) | 雑貨のこと

2017年06月15日

kou-bou 新作と一部

こんにちは、janus.店主です。
題名にもある通り今も試作中なわけですが…ひとつひとつ完成し、これから撮影できるぞってものも増えてきました。
と、いうことで今日はその一つを公開していこうかなと思います。

今回紹介するのはこちらの「壁掛けインテリアフレーム」 
IMG_2483.JPG
ありそうでない「ヴィンテージ感はあってアメリカンだけどどこか英国家具のような高級木材も彷彿させる」デザインに仕上げました。
細かなディティールや質感にこだわりぬいた複雑な仕上げと、シンプルな木材加工でバランス良くまとめました。
IMG_2486.JPG
中のビジュアルには農産物を採用し、今回は「レンコン」を使ってビジュアルを作りました。
シリーズ化して色々なデザインを作っていく予定なので、あなたの一枚がきっと見つかるはずです!
ちなみに筆記体の文字ですが、レンコンの説明が書かれています笑

では、発売をお楽しみに。
posted by yanus at 10:06| Comment(0) | 雑貨のこと

2017年06月09日

janus.商品紹介

【 janus.商品紹介】

こんにちは、janus.店主です。だんだんと朝から日差しも強くなり、夏らしい暑さになってきてますね!
熱中症などには十分お気を付けください。
IMG_2317.JPG
そして今日は、またまた商品のご紹介を。
今回取り上げるのはこちらのアンティークミラー。おしゃれな雑貨屋さんやカフェにさりげなく置かれているような、落ち着きのある女性好みのテイストに仕上げました。
どことなく小粋なフレンチスタイルを想わせるカラーに、ジャンク感のあるクラック(ひび割れ)加工で退廃的だけど遅れていない…
そんなデザインイメージです。シャビーシックのインテリアなどにピッタリなテイスト。

【ストーリー】
フレンチスタイルの本場フランス。その少し外れのアパートに昔から飾られていたミラー。
貴族の家具のような複雑さはないけど、どこかフレンチの上品さを感じさせる…

IMG_2279.JPG

janus.では、他では手にできないフェイクであるからこその価格とクオリティを追求します。
posted by yanus at 10:13| Comment(0) | 雑貨のこと

2017年06月04日

※ふくカフェギャラリー変更のお知らせ

janus.店主です。
フクかふぇギャラリーが六月四日からスタートの予定でしたが、予定が合わず18日からのスタートに変更させて頂きます。
見に来てくださっていたお客様もいたようで、大変申し訳ないのですが今しばらくお待ちください。今後もkou-bou janus.をよろしくお願い致します。
IMG_1352.JPG
posted by yanus at 09:47| Comment(0) | 日記

2017年06月02日

kou-bou no pick up

【  janus.作品紹介  】

どうも、janus.店主です。
今日はjanus.の作品紹介をしていこうと思います!
今回は「グレーシック フラワーフレーム」です。
IMG_1973.JPG
ヨーロッパやフランスにあるような英国家具をイメージして制作。
「思い入れのある高級家具を手放しきれなかった持ち主が、一部だけでもと部材を再利用して制作した」
そんなストーリーを添えて…
高級感はあるけど、どこか退廃的な印象を表現した一品です。
ボディには複雑なモール加工を採用し、香草や小さなドライフラワーを規則的に並べました。IMG_2058.JPG
ライトな雰囲気にも、ダークでミステリアスな雰囲気にもスッと馴染むシンプルスタイリッシュなアンティークフェイクです。

価格 2500yen

posted by yanus at 10:30| Comment(0) | 雑貨のこと

2017年05月27日

kou-bou 試作

IMG_2118.JPG
こんにちは、janus.店主です!
ここ数日は新商品の試作をしております。「女性好みなテイストのスタイリッシュだけどどこかかわいいドリップスタンド」や「ハンドピックで不要になったコーヒー豆を再利用して染めたブックカバー」「どんな場所にもスッと馴染むサイズとテイストの大きめ壁掛けミラー」などなど…
試作が完成次第こちらでも商品紹介をしていきます!

おまけ「ちょっとコーヒーのお話」

この間知り合いの方から頂いたコーヒーの生豆 「ロブスタ種」たしかインドネシア産だったかな?
あまり馴染みはない名前だと思いますが、今日の話は「缶コーヒーやインスタントコーヒーとレギュラーコーヒーは何が違うのか?」についてです。
先ほど書いたようにコーヒーには品種の分類があり、コーヒーは分類学上はアカネ科のコフィア属に分類され、そこからマスカロコフィアとエウコフィアに分かれます(市場に出回るのはエウコフィア)
そのエウコフィアからさらに分類されて「アラビカ種」「カネフォラ種」「リベリカ種」と分かれます。リベリカは一般流通しないので今回は触れません。
IMG_2268.JPG
ここから本題ですが、品種の話は題名と大きく関わります。というのも、何気なく飲んでいる缶コーヒーやインスタントコーヒーは基本的にほとんどが「カネフォラ種」または「ロブスタ種」。カフェなどで飲んでいるもののほとんどが「アラビカ種」です。
ロブスタには「強い」という意味がありますが、名前の通り「病気や害虫に強く栽培がしやすい事」が低価格を実現しています。
しかしロブスタ種は一般的に風味が乏しいとされています。
缶コーヒーのカフェオレなどを飲んでいる人が、お店で飲むカフェオレの味に違和感を感じたりすることがありますが、これも品種の違いなので、お店でもロブスタでカフェオレを作れば缶に近い味になります笑
特徴としては、カネフォラは少し麦茶のような風味があります。今度飲む機会があれば意識してみても面白いかも…

今回は缶コーヒーやインスタントとレギュラーコーヒーの違いをテーマにお話しましたが、ロブスタにはロブスタ、カネフォラの。アラビカにはアラビカの良さがそれぞれちゃんとありますので、自由に楽しんでもらいたいと思います。
では今日はこのあたりで…

posted by yanus at 10:09| Comment(0) | 日記

2017年05月18日

休日の「縁」と「繋がり」

18527650_1889972791278273_9108441726222962350_n.jpgs.

こんにちわ。janus.店主です。

先日は二日間の休日を神戸・大阪・明石とまわってきました!

と、いっても観光のようなことは一切なく当時大阪に住んでいたときにお世話になっていた定食屋さんにご飯とお話をしにいって帰りにコーヒー用品を買って帰ったくらいなんですけど笑

あとは帰りの乗船場付近の鉄板焼き屋さんに寄って帰宅しました。


お店選びの基準は人それぞれにあって、身にしみて思うのは僕にとっては「人との関わり」が基準になっている。ってことです。

今回初めて行った鉄板焼き屋さんのオーナーさんと仲良くなり少し話をしていると、どうやら神戸に元々住んでいた同級生と震災のあと連絡が取れなくなったようで、現在も頑張って探している。とのことでした。偶然にも地元が淡路島にあったそうで、「絶対淡路島に帰ってるはず…」僕も同じ淡路の人間ですし、何かの縁かなと思い一緒に探すことに笑

こんな風に「お店」には「思わぬ繋がり」が隠されていて、そんなものを宝探し的に探していくのが僕の中ではお店の楽しみになっています。

今自分がこうしているのもそんな偶然の出会いとつながりに助けられているからかな、とほっこりしたいい休日になりました。


来年にオープン予定のコーヒーショップでもそんな風に色々な人とのストーリーを作っていきたいと思っていますので、ぜひ気軽に遊びに来てください。

では今日はこの辺で…

posted by yanus at 10:37| Comment(0) | 日記

2017年05月15日

ふくカフェギャラリーのお知らせと訂正

ふくカフェギャラリーについての変更と訂正のお知らせです。
今週から再開の予定でしたが、ネットショップリニューアル及び雑貨制作などの都合上、再開を六月四日からになりますことをお知らせ、お詫びします。
今後もjanus.をどうぞよろしくお願い致します。

posted by yanus at 14:30| Comment(0) | 報告

2017年05月11日

kou-bou スタジオ計画

IMG_2324.JPG
こんにちは!kou-bou janus.店主の堂村です。
GWが嵐のように去って、今週からふくカフェさんの方でのギャラリーも再開予定です。みなさんのお越しをお待ちしています。

ところで、今日は作品の撮影と古民家をスタジオに工事する準備を進めてきました。
モノが多くて整理だけでもなかなか骨が折れました笑 
今後ビジュアル構想を練ってどんどんカッコよくしていきたいと思ってるんで、たまに気にかけておいてもらえるとうれしいです!

ではまたの投稿で!
posted by yanus at 15:12| Comment(0) | 日記

2017年05月06日

自宅でもカフェのようなコーヒーを。

dhs4.gif
こんにちは、janus.店主の堂村です。

今日は自宅で楽しめるコーヒー。そのドリップ方法について記事にしてみようと思います。
まずこの「ドリップ」知ってる人がほとんどではあると思いますが、これからコーヒーを楽しみたい!なんて方のためにも説明しておきます。
簡単にまとめるとコーヒーの抽出を指します。コーヒーの風味や成分を最大限に引き出すことを目的的としています。

基本的には豆の状態で売られているものを専用の粉砕機によって粉状にし、抽出します。(コーヒー粉砕についてはまた別記事で触れます)
ひとまとめにドリップといってもその方法は様々で、大きく分けるとペーパーハンドドリップ・ネルドリップ・フレンチプレス・エアロプレス・サイフォン。
エスプレッソや特殊な抽出を除けばこんなところでしょうが、絞ってみてもこれだけの抽出があります。
コーヒーの話をしていてきかれたりするのが「どのドリップが一番いいのか」ということです。
が、正直「これが一番!」なんてものはないと思っています。手軽さ、味の好み、経済面、その人その人によって一番の基準は変わってきますので。

なので今回はいくつかの項目別に、ドリップ方法を選べるように書かせて頂きます。
まずは味の面から。正直これは好みですが…

「風味」   

ハンドドリップ…  最も淹れる人の技術と個性が出やすいと思っています。湯量や温度で風味に大きな差が出る。簡易的だけど奥深い。修行におすすめ笑

ネルドリップ…   ハンドドリップと特徴的には似ているが、丸みのある味に仕上がる。手入れが少し大変。こだわる本格派におすすめ。

フレンチプレス… 風味の特徴としてはいいところも悪いところもすべて出る。コーヒー本来の味。テイスティングなどにはおすすめ。だれでも同じ味を安定して出せます。

エアロプレス… 圧力をかけてエスプレッソのように抽出する方法。抽出にかける時間が短いため、雑味などが出にくい。比較的新しいドリップ方法。

サイフォン… おしゃれな喫茶店などで使用されるイメージでは?日本人好みの味に仕上がることで知られています。高温抽出なため酸味が出にくいのが特徴ですが、同じ理由で香りも飛びやすいとされます。

「手軽さ」

ハンドドリップ…  抽出には二分ほどかかりますが、手入れもさほど手間ではないです。順位でいえば三位のドリップ方法。

フレンチプレス… こちらは比較的簡単で手間のかからない方法です。掃除も食器を洗う程度の気持ちで扱えます。順位は二位ってとこです!

ネルドリップ…  先ほど書きましたが、結構管理が大変です。使用後は水につけ、乾燥させてはいけない、水はこまめに変えないといけないなどとなかなか手間はかかります。順位は四位

エアロプレス… こちらが簡易性一位のドリップ方法。なんせ実はこれ元々アウトドア商品です。便利じゃないわけないです笑掃除も管理、抽出も簡単で早いです。初心者にもおすすめ。

サイフォン… こちらが5位ですかね。あくまで個人的評価ですが。掃除や抽出も結構大変で手間がかかります。時間があってビジュアルに凝りたい方にはおすすめ。

「経済面」 こちらは一気に順位だけ。

1位 フレンチプレス   (消耗品やポットが不要なため)

2位 ネルドリップ     (消耗品不要)

3位 フレンチプレス

4位 ペーパーハンドドリップ

5位 サイフォン


こんなところでしょうか?こちらも、買いそろえるものや頻度によっても異なってはきますが、ひとつの基準としてどうぞ。
いかかでしたか?あなたに合ったドリップが見つかれば幸いです。ご参考までにどうぞ

では今日はこの辺で!
posted by yanus at 09:37| Comment(0) | コーヒー